「産業雇用安定助成金」の創設について ~在籍型出向により労働者の雇用維持に取り組む事業主の皆さまを支援します~

 今般、新型コロナウイルス感染症の影響により事業活動の一時的な縮小を余儀なくされた事業主が、在籍型出向により労働者の雇用を維持する場合に、出向元と出向先の双方の事業主に対して助成する「産業雇用安定助成金」が創設されました。本日から施行されますが、本年1月1日からの出向に対して助成されます。その概要については、別紙リーフレットのとおりです。
 ⇒ 別紙リーフレット

休業支援金・給付金の大企業の非正規雇用労働者の取扱い及び 雇用調整助成金の雇用維持要件の緩和等について

(注)以下は、政府としての方針を表明したものです。
   施行に当たっては厚生労働省令の改正等が必要であり、現時点の予定となります。

1.休業支援金・給付金における大企業の非正規雇用労働者の取扱いについて
  新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金(以下「休業支援金・給付金」という。)
  については、雇用調整助成金の活用もままならない中小企業の労働者が対象とされて
  きましたが、今般、本年1月からの緊急事態宣言の影響を受ける大企業にお勤めの、
  一定の非正規雇用労働者の方についても、休業手当を受け取れない場合に
  休業支援金・給付金の対象となる予定です。具体的な対象は以下のとおり。
  なお、受付開始時期は2月中下旬頃が予定されております。(申請方法等の詳細別途)
  〇大企業に雇用されるシフト労働者等(注)であって、
   事業主が休業させ、休業手当を受け取っていない方
   (注)労働契約上、労働日が明確でない方(シフト制、日々雇用、登録型派遣)
  〇対象となる休業期間: 令和3年1月8日以降

2.雇用調整助成金の雇用維持要件の緩和について
  先般(1月22日)お知らせがあったとおり、緊急事態宣言対象地域の知事の要請を受けて
  営業時間の短縮等に協力する飲食店等の大企業や、生産指標(売上等)が前年又は
  前々年同期と比べ最近3か月の月平均値で30%以上減少した全国の大企業に関して、
  当該宣言が全国で解除された月の翌月末まで、雇用調整助成金等の助成率を以下のとおり
  最大10/10となる予定です。
   〇解雇等を行わない場合の助成率  10/10(これまでの特例措置の助成率3/4)
   〇解雇等を行っている場合の助成率 4/5(これまでの特例措置の助成率2/3)

  今般、上記に該当する大企業に加え、中小企業の全ての事業所を対象として、
  令和3年1月8日以降、緊急事態宣言解除月の翌月末までの休業等については、
  雇用維持要件を緩和し、令和3年1月8日以降の解雇等の有無により、
  適用する助成率が判断されることとなる予定です。
  ※ 現行の特例措置では、令和2年1月24日以降の解雇等の有無により確認。

令和2年 11 月末現在 国民年金保険料の月次納付率 ~令和2年 11 月の最終的な納付率(平成 29 年 11 月分保険料)は、76.3%~

保険料を納めるべき納付対象者の状況
 ○ 3年経過納付率(平成 29 年 11 月分保険料)は、76.3%(対前年同期増減幅+0.9%)
 ○ 2年経過納付率(平成 30 年 11 月分保険料)は、76.5%(対前年同期増減幅+4.3%)
 ○ 1年経過納付率(令和元年 11 月分保険料)は、73.3%
  (注)数値は、それぞれ四捨五入しているため、下一桁の計算が合わない場合がある。